お茶の淹れ方 お茶の淹れ方

中国茶には決まった淹れ方というのはありません。
熱々のお湯を使っても、ぬるめのお湯でも、水出しでも、
お好みの淹れ方を見つけて飲んで頂くのがいちばんです。

ここでは、今古茶藉おすすめのお茶の淹れ方をご紹介いたします。
どのお茶にも応用出来るので、是非ご参考にしてみてください。


アイスティー
溶けた氷水でゆっくりと抽出することで、
雑味のない透き通った味わいとなり、お茶の甘みと繊細さがより引き立ちます。


1.
容器(耐熱のポット、カップ、タンブラー等)と茶葉を用意する。

  茶葉の使用量目安:ポット(1ℓあたり)・・・5g
  カップ、タンブラー・・・2g

2.
容器の3分の1まで氷を入れる。

3.
茶葉を氷の上に振りかける。
(なるべく茶葉が一ヶ所にかたまるように。)

4.
茶葉が軽く湿る程度に熱湯を注ぎ、香りを立たせる。
(なるべくお湯が茶葉に直接当たるよう、まんべんなく注ぐ。ここでは発生した冷気で茶葉を蒸らすことが目的なので、氷が溶けてしまわないよう、お湯を入れすぎないこと。底から1〜2?溜まる高さまででOK。)

5.
その上からさらに氷を詰めて、茶葉を氷でサンドイッチする。

6.
蓋をして、氷が溶けるまでしばらく置いておく。

7.
氷が溶けたら出来上がり。
飲んで減ってきたら氷を補充して、1日飲み続けられます。
(夏場は常温で1時間ほど置けば飲めます。時間があれば、夜に作って冷蔵庫に入れ、一晩置いておくと朝には飲み頃です。)

Point.
置いておく場所は、常温でも冷蔵庫でもOKですが、なるべく揺らさないでください。(揺らすと雑味が出やすくなります。)
あとは飲みきる前に氷を足し、薄さの限界まで飲み続けてください。いちいち氷を出すのが面倒臭いという方は、お水を足しても大丈夫です。(ただし氷を使った方が、より透き通った味わいになります。)
氷の場合も水の場合も、必ず飲みきる前に足して味を繋いでいくのがポイントです。

※プーアル茶や菊花茶のように、茶葉の開きにくいお茶をアイスで淹れたい場合は
一度ホットで淹れてから、氷や冷蔵庫で冷やす方法をおすすめします。


ホットティー
お茶の持つ豊かな香りを引き出します。

1.茶器(急須、タンブラー、カップ)を温める。

2.茶器に茶葉を入れる。

 茶葉の量の目安:急須 約5g
         タンブラー/カップ 約1〜2g

3.洗茶をする。

 茶葉が浸る程度にお湯を注ぎ、すぐに捨てる。

 *茶葉を開きやすくすると同時に、カフェイン等の刺激物質を洗い流すため。
 もちろん飲んでもいいが、洗茶の時点ではあまり味が無いので捨てても良い。

4.茶器の3分の1程度までお湯を注ぎ、すぐに別の器に移して飲む。

Point
最初は少なめにお湯を注ぎ、その後徐々にお湯の量を増やしていきますが、
出来れば一度にたくさんのお湯を注がず、
茶器の半分程度に湯量を抑え、飲む都度お湯を注いだ方が
味と香りが長持ちします。

5煎目くらいまでは、あまり時間を置かずにさっと出して召し上がってください。
徐々に薄くなってきたなと感じたら、
お湯を注いだまましばらく置いておくとまた味が出てきます。
すぐに捨てず、何煎も楽しんでください。

お湯の温度が高いほどより多くの芳香成分が抽出され、香りが豊かになります。
しかしその分、香りが揮発しやすくなるので香りの持続時間は短くなります。
香りを長く楽しみたいのなら、少し冷めたお湯を使うと良いでしょう。

ホットの場合も、必ず飲みきらないこと。
少しだけ残してお湯を注ぎ、味を繋げていくことがポイントです。


アイスで淹れれば、美しい水色と甘みが引き立ち
雑味の少ないすっきりとした味を楽しめます。
ホットで淹れれば、より豊かな香りを楽しめます。

特に薔薇などの花茶は、もともと香りが強いので
アイスで淹れると飲みやすく、水色も美しいのでおすすめです。

アイスでもホットでも濃い目の味をお好みの方は、
茶葉の量を増やしたり抽出時間を長くするほか、
茶葉を細かく刻んでから淹れると濃くなりやすいのでお試し下さい。